FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も年末「なんでも相談村」開催です

生活再建ネットワーク「生きるための『なんでも相談村』」を開催します。

と き:12月8日(土)10:00~15:00
ところ:和歌山城・西の丸広場

暮らしの中のちょっとしたつまづきは誰にでもあること。
多重債務の解決、健康や介護などでの悩み、法律相談、税金や年金の困りごと、DVや子育てに関する悩み、職場でのトラブル、生活保護などなど、ひとりで悩まずまず相談を。

弁護士や司法書士などの法律の専門家をはじめ、くらし全般にかかわる幅広いスタッフが待機しています。
当日は豚汁の炊き出しも用意しています。

事前の相談も受付中。
お問い合わせは、なんでも相談村実行委員会・事務局まで。
電話073-436-3520(和歌山県地評)

チラシは→こちら
スポンサーサイト

反貧困全国キャラバンが始まっています

「人間らしい生活と労働の保障を求めて、つながろう!地域から餓死・孤立死を生まないために」をスローガンに、全国すべての都道府県を巡回する反貧困全国キャラバン2012が始まっています。
和歌山でも実行委員会を立ち上げて具体的な受け入れ準備がすすんでいます。雇用・賃金、年金や生活保護など、「底」を引き上げるとりくみは待ったなし。このとりくみに「生きるための『なんでも相談村』実行委員会」も積極的に参加することを確認しました。

和歌山でのメイン企画は「映画とリレーインタビューの夕べ」。
10月12日(金)18時15分よりプラザホープ4階です。チラシをご参照ください。

12月11日は「なんでも相談村」

 12月11日(日)、和歌山城・西の丸広場で「生きるための『なんでも相談村』」(←クリックするとチラシが開きます)を開催します。2009年3月からはじまった「なんでも相談村」は、ネットワークの力で、セーフティネットから抜け落ちた方をネットの上に押し戻すとりくみをすすめてきました。今回はその4回目。豚汁の炊き出しもあります。お気軽にお越しください。

 今回は和歌山県司法書士会の後援もいただきました。心強い限りです。

 ちょっとしたつまづきは誰にでも起こること。ちょっとつまづいただけなのに、すべり台のようにセーフティネットを突き抜けてしまう世の中ですが、みんなの力でなんとかしていこう、というとりくみです。

 心配事の解決はまず相談から。お待ちしています。

シンポジウム「社会全体で支えるこどもの成長」(要事前申込)を紹介します

今週末のとりくみです。
事前申し込みが必要です。

↓詳しくはクリックしてください
シンポジウム「社会全体で支えるこどもの成長」

シンポ「貧困の解消を目指して」

 下記案内チラシの通り、「貧困の解消を目指して~すべての人が人間らしく働き生活する権利の確立を!~」が行われます。この催しに、生きるための「なんでも相談村」の杉事務局長がパネリストとして参加します。
 「相談村」実行委員会を代表して、「貧困の連鎖を断ち切ろう!」という思いを述べてきたいと意気込んでおります。みなさんの応援をお願いします。
貧困の解消を目指して
 この件に関するお問い合わせは、和歌山弁護士会(http://www.wakaben.or.jp/)まで。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
お問い合わせはこちらから
カンパのお申し出もこちらでお受けいたします

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。